Index  > Works >  Illust
-----------------------------------------------------------------

 

 

キン、と高く澄んだ金属音が、研ぎ澄まされたソプラノ歌手みたいだといつも思う。
そう思うと、女の子らしさとは縁遠い、実用一点張りのシルバーのジッポーが
何故かとても美しいものに見える。
灯した火に、咥えたロゼの先端を近づける。
すーっと呼吸すると、舌に甘いような苦いようなものが広がるのを感じた。


この世界の空気は腐った匂いがして、重く澱んでいる。
肺を満たす煙の方がよっぽど清々しいとさえ思う。
そう思うのは、いつも鉄錆に似た匂いを嗅いでいるからだろうか。


目を閉じる。
下界に広がるネオンの残光が網膜でゆっくりと踊り始める。
こんな時にいつも何かが脳裏を掠めるけれど
心をざわつかせるそれを捕まえることは出来ない。


「ケイ」


繋ぎっぱなしにしている携帯のイヤフォンから
あたしの名を呼ぶ声がする。
思考が袋小路に入るといつも見つけ出してくれる人。
誰よりもあたしを必要としてくれる人。


正しいことをしているだなんて、思っていない。
だけど、間違ったことをしているとは、思いたくない。
そうでなきゃ、ナオと過ごした時間を否定する事になるから。


もう一口ロゼを吸う。
先の方が殆ど灰になったそれに、明るい紅が咲いた。
もう終わりに近づきつつある、微かな火。
一本を永遠に吸い続ける事は出来ない。
ある程度の所まで吸えば、冷たいアッシュトレイに押し付けられる。
それが早いか遅いかの違いしかない。
それは、人の命だって同じだ。


「了解」


一言そう答えた。
そして、燃えかすのようなロゼを携帯灰皿にねじ込み
夜の冷えた空気に、煙を大きく吐き出した。

 

 

---------------------------------------------------

アサウラ先生著の「バニラ」という小説のヒロインその一、ケイです。
ケイの吸っているタバコがバージニアスリムメンソールロゼなので、同じ銘柄を
吸っている仲間に写真を撮らせてもらい、描いた作品です。
(非常に分かりにくいですが、フィルターの部分がロゼ仕様です)
炎の感じが上手くいかず試行錯誤した記憶があります。
一時期はTOP絵を飾っておりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット